経理として働いているときは、ただ目の前の仕事をこなすだけの生活だった

今まで何度か転職しましたが、一番サラリーマンらしい仕事は「経理」でした。

日商簿記2級とExcelやWord系の資格をとって、美容師から転職したときの話です。

 

初めての経理でしたが、転職先は「中小の建設会社」だったので、すぐに仕事をたくさん任せて貰えました。

部長が一人いて、社会保険や労務担当の経理社員がいて、そこに僕がいる形です。

 

他の総務部員もいたのですが、それらの人には「伝票入力」をお願いしたり、簡単な目視でチェックできる仕事をお願いしていました。

 

私の業務というと、基本的には「銀行・役所」にいって書類を渡したり、基礎となるデータ管理、試算表の作成が主でした。

最初はそれらをひたすら行って、同時に会社全体の業務の流れを掴むことが先決でした。

 

次に、子会社の経理を一括してまかされたりもしました。

毎月の伝票作成、入力、元帳の管理、試算表の管理、提出、決算。

ただ顧問税理士がいたり、社長が元銀行マンだったこともあり、消費税や法人税の計算は、やり方だけ教えてもらってから、上の人に丸投げの状態です。

 

そうはいっても経理社員、入社から1年も経ってない状態で、それらの貴重な業務を任せてもらえるようになり、同時に建設業経理士1級という資格も取得しました(公共工事の入札時に加点となる資格)

 

すごく大切な経験が出来たと思っています。働いているときに色々教えてくださった社内の方には感謝しています。

 

でもね、毎日が単調なんですよ。

融資関係の書類(銀行に提出するもの)を作成するときは、未来のための業務なのでやりがいはありましたが、結局銀行と会社は長い年月仲良くしていることもあり、本店に融資を通すための「やらせ書類」を作るだけです。

 

各支店はノルマもあるし、正直融資したがってますからね、ある程度安定してたら、バンバン融資してくれます。

後は本店のほうで、融資担当がどう印象をもって、どれだけの金額で降りるかっていうことだけですから、支店長や担当レベルでは、やらせな打ち合わせが入ることがほとんどです。

 

またそれ以外の社内業務は、基本的に「過去の数字」を扱います。

先月の接待交際費がなんぼで、工事原価がなんぼで、およその利益、現在の進捗率に対する融資が降りる額。

 

つまらないんです。毎月のルーチンワークの幅が広がるだけで、なにか目の前に「価値あるモノ」が生成されるわけじゃありません。

 

もちろん、経理がいないと会社は大変なことになるし、管理する人、役員さんにとっては、全体の数字はとても大切です。

 

でもやっぱりつまりませんでした。元美容師だったので、直接価値を提供したかったんです。

 

経理社員、楽だけどつまんないです。やりがいなどを感じたい人にとっては、毎日が苦痛です。

転職や就職の際に、参考にしてみて下さい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*